局所再発乳癌(がん)は症状発現前の早期発見が鍵

局所再発乳癌(がん)は症状発現前の早期発見が鍵

局所再発乳癌(癌と2番目の乳癌)では、それは、初期段階に国際的な研究でほとんど検出で死亡危険を半分減少させるために示されました。
オーストラリアのNehmat Houssamiさんとシドニーの大学の国民の健康教授陣が医師に相談する、2005年の1980–イタリアとフィレンツェの病院、そして、情報を調べます。 455人に関して、癌は胸の反対側(側)と同じ589の側(同じ側)の胸に現れました。 67%には、兆候がありませんでした、そして、兆候は33%のように認められました。
局所再発乳癌が初期段階までに研究の結果、兆候なしで検出されるとき、生存率が兆候の後に検出されたケースが、認められるより27–47%高いと判明します。 検出感度、(86%)の臨床検査(57%)に関して、胸部X線写真(胸のX線検査)が、より高かったのは、単に臨床検査で14%検出されました。
兆候を持っていなかった患者には、癌は兆候を伴う患者より小さかったです、そして、多くの早期癌(58%28%)もありました。 そのうえ、兆候を持っていなかった患者が、癌の転移を示したリンパ節転移はサイド癌で少しでした。 研究結果は3月18日に「Oncology(腫瘍研究)の年譜」薬の雑誌のオンラインバージョンで発行されました。
「同じ側と側の両方が初期段階に非無作為化試験で検出の効果試験に影響を及ぼす2つの偏見(リードタイムと期間)が、調整されて、この研究が無作為化比較試験でないという限界がありますが、さらに、評価されるので、過去のレポートより役に立つように思えます。」と、Houssamiさんは説明しています。 (HealthDayニュース3月18日)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「がん教育」推進せよ »
« がん検診受診を促す 県が宮銀、損保と協定