がん検診受診を促す 県が宮銀、損保と協定

がん検診受診を促す 県が宮銀、損保と協定

東京海上日動火災保険(東京)、宮崎銀行(Koichi小池社長)、および県は、秒にがんの早期発見につながるために「県の癌の診察受診率改良プロジェクト」が働く協定をしました。

リーフレットは店と政府機関で9月6日から30日まで配布されます、そして、相談は押されます。
5の大きい癌(胃癌と子宮癌など)のため、各自治体で行われたこの県の癌の診察受診率は8.0–16.8%に残っています。 プロジェクトでは、受診率を上げて、癌と処理の早期発見につながるのは、目的です。 県は年度2012による50%の受診率達成を目的としています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


局所再発乳癌(がん)は症状発現前の早期発見が鍵 »
« 子宮頸がん検診、受診23%=対象拡大が必要・産業医大