子宮頸がん検診、受診23%=対象拡大が必要・産業医大

子宮頸がん検診、受診23%=対象拡大が必要・産業医大

それがそれでも、23%であり、4年前と比べて、企業が実行している健康診断による子宮頸(Kei)癌の診察の受診率が上昇しましたが、産業医科大学(北九州市)などの調査チームのアンケート調査で低いのが理解されます。 物インディケータが35%に残っていて、調査チームが仮定する厚生労働省の「20歳以上」の時代である企業、「物の時代の拡大と診察の有効性に関する啓発が必要です」。
調査はこの大学の卒業生が昨年産業医として働いている全の国の企業のために実行されました。 答えは125の会社によって引き起こされました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん検診受診を促す 県が宮銀、損保と協定 »
« 国内初「がんワクチン外来」開設 2時間で1700人が殺到