がん患者を髪で「支えたい」

がん患者を髪で「支えたい」

医療のために看護学生の髪をヘアピースにして、癌患者を支持しましょう。 。切断。試み’Ribonzuの出来事が支持者のために’その特定非営利活動促進法人のkyansa-ribonzuにかつらをつけさせる、(Mamoru福田聖マリアンナ医科大学の理事長/外科研究、教授)、本部による新しいのが、中でManpuku-ji Templeに保たれて、行進25、および57での科学の人生の人々を看病する地区が、参加したということであったということです。
‘Ribonzuは支持者にかつらをつけさせます’はこのNPOの共同プロジェクトです、そして、PとジーンズのTe nは癌患者のものと共にテーマとして「人生との処理結びつき」を支持しました。 癌患者にとって、処理による脱毛が大きくて、苦痛であると言われています。 医療のためのかつらが平均して約20万円と共にまた、ありますが、価格は高価です。 そして、それは髪が医療のためのかつら(ヘアピース)、無料でそれを提供するのに使用したカットに来ました。
参加している学生は1年間の半分の間、重要に彼の髪を保護しています。 かつらに必要な長さに関して、それは最も低かったのですが、関係者の多くが10?約15cm長い髪からのショートカットになりました。 そのうえ、それはこのプロジェクトを合わせた美容院’創造者uchino’の一流美容師で打撃とたいへん構成したのを楽しんでいたように思えました。
それは三浦かHiguchiか下るのと3Yaeko Oiが「患者がそれを使用したので、それを乾かさずに、眠りましたが、毎晩気にかけられた」「捨てられた髪が、だれかのためになったなら、非常にうれしいことなど」によって話した、今春、およびToshieで専修学校を看病して、微笑を聖マリアンナ医科大学から卒業しました。
看護学生は、「することができる私たちの存在を患者にしたいと思います。」と考えます。「存在という患者が全くいなくてもこの髪に満足している患者を見るのにおいて. それは、そのような気持ちを接続するサポートです。」Itが話したkyansa-ribonzuの岡山恵子。 それがスヴェンソン株式会社によってゆだねられた後に、今回寄付されている髪が、かつらとして使用されて、それがドイツで処理されると言われています。
kyansa-ribonzuでは、将来この活動をすると言われていて、それは、看護学生だけではなく、一般的な人も参加できるように、計画されています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんワクチン外来:問い合わせ殺到、申し込み案内中断--久留米大病院 /福岡 »
« がん、認知症など高齢者医療に「東京都健康長寿医療センター研究所」が4月1日オープン!