タカラバイオ、がん免疫療法の臨床研究を京都府立医大で開始

タカラバイオ、がん免疫療法の臨床研究を京都府立医大で開始

タカラバイオテクノロジーがタンパク質を変えながら結合する癌細胞免疫治療使用の臨床的な研究を始めたと発表された、「Retoronekuchin、」 それは同社が6日に2番目の上で京都府立医科大学で開発したリンパ球の文化を強化しました。 同社はtenshin; 三重大学と中国とidaiすることなどで同様の研究を執行しています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん、認知症など高齢者医療に「東京都健康長寿医療センター研究所」が4月1日オープン! »
« マリフアナの成分、がんの増殖を抑制=スペイン研究