厚労相に対し 検診受診率向上など申入れ太田代表と都女性局

厚労相に対し 検診受診率向上など申入れ太田代表と都女性局

Akihiro代表のOtaであり、リーダーToshikoを活動させて、公明党ビーチの4津は1日間、厚生労働省をパーティー東京本部女性局(都議会と東京都議会選挙スケジュールmatsubaの局のTamikoのディレクター=候補は杉並区と等しい)と共に訪問します。 乳癌や子宮子宮癌などの女性への独特の癌に関して若い世代からの診察受診率の改良が要求された提案をHealth大臣の枡添要一にしました。 高木真世下院の議員、Yoko鰐淵参議院の議員、局のmatsuba指導官、および女性の党員は参加しました。
提案は2月の中旬、3月の終わりの間で50代にパーティー首都女性局が乳癌の増加から急速な30代、および40歳の女性の20歳の女性への子宮子宮癌の増加まで実行した癌の診察に関するアンケート結果を基礎づけました。 10万201人はアンケートに答えました。
調査結果に応じて、女性への独特の癌の診察が20代に受けられていないと答えた女性は、75%に上がりました。 そこに、「定期的な診察の項目にそれを入れてください」や「それが女性の医師であったならば、それを受け取ってください」などの答えが多く「婦人科に行くために、抵抗があっ」て存在して、理由が医師に相談しなかったので、医師に容易に相談させるために「それが忙しかったので、時間はかからないかもしれないなど」測定としていろいろな事がありましたか?
Otaの代表している他は、「職業診察と女性医師を増加させるのを含んで、容易に医師に相談するシステム保守が、必要であり」、提案でそれを強調します。 そのうえ、日本の受診率が低かったポイントは欧米諸国と比べて指摘されました、そして、若い世代の子宮子宮癌診察と予防ワクチンの初期段階の序論などの相談速度向上は要求されました。
さらに、乳癌診察の相談速度向上のための(1) 胸部X線写真(胸のレントゲン写真撮影法)などのサポート(2)職業における、増進(3)休日の癌の相談サポートビジネスの増進と相談速度向上のアプローチの夜間は要求されました。
Health大臣の舛添は、いくつかを提供した後に、パーティー首都女性局のアプローチにおける感謝の単語が「明確に、働く」と答えました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん対策基本法 »
« 生きる:小児がん征圧キャンペーン 闘病中の子にロボット贈る--埼玉のNPO