がん診療に10拠点  県が独自基準で医療機関認定

がん診療に10拠点  県が独自基準で医療機関認定

県は「県の癌の診療仕様病院」において、設備とシステムがその領域での癌の診療のベースに整然としていた10の医療機関を指定しました。 国が提供されたのが、「癌の診療のための基地の病院」に条件を満たしませんでしたが、不変性より癌の診療に関してレベルに達した医療機関は、オリジナルの県の規格によって認識されました。
指定された故障では、患者の5の大きい癌(胃、肺、肝臓、大腸、およびミルク)のすべてのために多くそこで意図した統合セクションが特定の癌で9つの医療機関で高度な診療をつかむただ一つの分野は1つの医療機関です。 毎年4年間の仕様の規格に合うかどうかが、調べられます。
パリアティブ・ケアは整っています、そして、処理などは作られています。そして、「集学的治療」にそれをする〈2〉専門のスタッフが、〈1の2つ以上の治療法を結合するとき、指定病院が〉〈3年を600人以上の患者に作る、〉、状態。 診療の特別なシステムが整然としていた医療機関が県のがん対策の販売促進のプランの部分によって指定されたので、癌の医療の地域格差を取り消すために、昨年以来維持は進められていました。
それは洪水でした、そして、熊毛と曽於の3つの医療の球は「空白の球」でした。 「国の診療のためのベース病院は「それは1つの医療の球の1つの病院でした」で政策をnowHoweverまで思いついていましたが、県の9つの医療の球の中では、熊毛の空白の洪水と球はこの県の仕様で取り消されました。」
県の健康な改良部「私は、高品質な診療ができる医療機関を指定することによって病院を選ぶ材料に行って欲しいと思います。 また、指定病院がSoo医療の球で出かけるために絶え間なくそれを募集したいと思います。 」それは話します。
指定された医療機関では、医療圏と( )が以下の通りの=のアドレスである、【】 など

- ****総合病院*鹿児島市立病院*南風病院、(両方、鹿児島市) 現在の【南**】南部の領域病院(枕崎市)【洪水】の阿久根の市民病院の(阿久根市)*洪水一般病院の統合【鹿児島】(洪水都市); 【吾平と伊佐】 霧島の市の医師会ヘルス・センター(霧島市)*県の北**病院(伊佐市)【熊毛】の屋久島島の道徳州の協会病院(屋久島島の町)単一の*【鹿児島】相良病院(鹿児島市と乳癌)

- それらは周産期の4つの医療機関です。
4つの医療機関が県について「地方の周産期の母と小児保健センター」に認識されました。
それは、県が国でインディケータに基づく妊娠している女性と新生児に高度な医療を提供するベース病院であると認めます。 産科と小児科がありました、そして、それは出生(出生)監視装置が提供された要件定数を満たしました。
将来、領域などにおける診療所と提携して緊急の帝王切開操作が必要である妊娠している女性を受け入れるでしょう。
指定された医療機関は以下の通りです。
****(鹿児島市)総合病院*現在鹿屋健康センターの(鹿屋市)*県の大島病院(奄美都市)である県の生体結合川内病院(川内市、薩摩)*住民の健康な広場

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


生きる:小児がん征圧キャンペーン 闘病中の子にロボット贈る--埼玉のNPO »
« 機会均等前の販売に反対=かんぽ生命のがん保険で-米業界