機会均等前の販売に反対=かんぽ生命のがん保険で-米業界

機会均等前の販売に反対=かんぽ生命のがん保険で-米業界

【ワシントンにおける1日の時事】米国生命保険協会(ACLI)が、関係があってpoな生命保険が要求した日本郵政公社グループのがん保険の販売の計算書が発表であると思われるまで再びそれに反対するという考えであると宣言して、「関係があって、それが日本政府が約束したすべての前提条件を達成したためにはっきりさせられるまで、po人生は新商品を販売するべきでない」、オンである、1番目であり、同社と民間企業の競争している機会は完全に等しくなりました。 「世界貿易機関(WTO)署名者基本的な(外資系企業)で国家の処理と公正さの原動力を擁護するために、それは日本に近い」、商工業の米国判事室などのグループがあるACLIと米国-日本Business Councilは声明の、そうです。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん診療に10拠点  県が独自基準で医療機関認定 »
« 申し込み殺到で受け付け中止 国内初のがんワクチン外来