【大鵬薬品】スペイン「ファーママー」から抗癌剤導入

【大鵬薬品】スペイン「ファーママー」から抗癌剤導入

関係検索: Taiho薬、ファママ、-、薬を投薬して、製造しているTaihoがスペインで法人であると発表された、「ファママ、-、」、抗ガン剤の日本で開発と販売に関するライセンス契約を締結した、「Yonderisu、」 3月31日の(一般名: torabekutejin) 契約一時金は10億円です。
Yonderisuは海洋製品の起源の新しい抗ガン剤がホヤ類から発見されている状態でDNAと結合して、細胞分裂、遺伝子転写、およびDNA回復メカニズムを妨げます。
Taiho薬が支払われる、ファママ、-、この契約で契約一時金がある達成報酬と日本での販売に10億円文通するロイヤリティ。 そのうえ、Taiho薬はyonderisuの日本で開発と販売コストに全額に堪えます。
Taiho薬は、軟部組織肉腫と卵巣癌が指摘であると仮定して、将来、yonderisuの開発を進めるでしょう。 開発スケジュールが未定ですが、準備が完全であるとすぐに、I局面の試験が始まると思われます。
Yonderisuは進歩の処理と転移性として世界の20の国によって既に販売されました。**組織肉腫。 再発卵巣癌は調整であると思われました、そして、承認申請は、釘への作成のriposo-mudokisorubishinと共に昨年を費やすことによって、ヨーロッパEMEAと合衆国FDAに終わっていました。 さらに、乳癌、ホルモンの抵抗力がある前立腺癌、および肺癌で意図するII局面の試験は外国で進められます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


申し込み殺到で受け付け中止 国内初のがんワクチン外来 »
« がん情報網羅 広島県、患者らの要望受けHP開設