大鵬薬品、スペイン社から抗がん剤導入

大鵬薬品、スペイン社から抗がん剤導入

Taiho薬の産業がまさしく処理の開発と販売を取得したと発表された、「日本の卵巣癌(海外の名前、一般名、およびtorabekutejin)としてバイオ製薬会社からそのような、Yonderisu、ファママ、-、3月31日のスペイン(マドリード) Taiho薬は有効性について確かめる臨床試験とこの薬の安全性を目的とします、そして、日本でのする商業化を目的とします、そして、癌の分野の強くなるのが強調であると仮定した製品は目的とされます。 Yonderisuは抗ガン剤がホヤ類からカリブ海から発見されている状態でデオキシリボ核酸(DNA)と結合して、細胞分裂と遺伝子転写を擾乱して、などは、組織肉腫が世界の欧米などの20の国によって既に指摘に販売されて、それが存在する、承認のアプリケーションが卵巣癌調整で欧米で上演する転移性の**です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


生きる:小児がん征圧キャンペーン 募金1385万円 全国26団体に »
« 忌野清志郎:FM802キャンペーン曲 がん闘病中、スガシカオら特別ユニットに