24時間歩く「RFL」 がん征圧へ一歩を

24時間歩く「RFL」 がん征圧へ一歩を

癌の征服圧力に願望をつけるチャリティイベント「リレーフォの寿命(RFL)」が、今年、開かれます。 人、家族、友人、および病気と闘うことによってそれを支持する人が、チームを結合させます、そして、24時間歩きます、そして、それはそれを通過します。 経営委員会は、秋に把持を計画して、両方の出来事を作るメンバーを募集しています。
RFLは去年の10月に大分で初めて開かれました、そして、癌患者やそれを支持した人などの約1000人は参加しました。 市=は自発的に血液医師(42)による癌に対する実行議長が昨年たいへん続くのと等しいときに、役立つ坂下1000**koと戦います。 それは振り向きます、それが「できる仲間が同じ思いを共有する、会われた場所に入った」と言って。
準備は、秋、および昨年数10からのギャザーとかつての1カ月と管理などが話されるメンバーで成立するのを目的としながら、高度です。’来年、出かけましょう’。必ず今年、成功したいと思います。「1カ月か2カ月の時点だけがRFLに参加して、望まれているのを見た人は、見つけられました、そして、目標を持っていました、私が、補助して欲しいと思うと言って。」With坂下さん。 そして、問い合せが癌の社会県のブランチ日本である対「RFL大分」、(TEL097・、532・2167、ファックス097・533・6821)
- リレーフォの寿命
アメリカ人の外科医: 1985年に。 「癌は24時間眠りません。 癌患者は24時間癌と戦っています。 」それは、飲んで、患者を奨励するメッセージに乗り出して、その分野へ駆け込むのから癌への動きにそれを寄付し始めました。 癌患者、家族、およびそれを支持する人が、あるいはまた、24時間公園と地面の中のホールまで歩き続けます。 癌の医療改良のための貢献はホールで上げられます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


地域発のがん対策支援 東京のNPOが助成金 »
« ダナン:中部初のがん専門病院が着工