がんと闘わない生き方―乳がん患者として(2)術前化学療法

がんと闘わない生き方―乳がん患者として(2)術前化学療法

1994年に発見される右の胸の塊は徐々に成長しています。 6年間それを放置して、別の病院で術前化学療法を選択した後に、病院の選択されたそれ、および私に厄介に扱って、行くのからの休暇が慶応病院のコンドー医師で世話をした取り。 しかしながら、医師が中で充電する場所は、その前の操作の日にそれを触診しました。 「それは触れませんでした。 それはそれを切らないでしょう。 」それは言いました。 日本の病院で標準的に用いる治療法をするのは、よりまれです。 患者が、医師を残して、自分で研究して、速く質問して、セカンド・オピニオンを取って、処理に納得させるのを選ばないのは、重要です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


24時間歩く「RFL」 がん征圧へ一歩を »
« 大鵬薬品 抗悪性腫瘍薬のライセンス契約をスペインのファーママー社と締結