「肝炎、肝がん治療支援を」 恒久法求め署名活動 北九州で患者団体

「肝炎、肝がん治療支援を」 恒久法求め署名活動 北九州で患者団体

BタイプとC型肝炎(山本貴子議長と約130人)の患者団体「北九州kimotomo協会」は、29日に国による処理サポートの恒久法がJR小倉で要求された署名活動に北九州市の小倉北区の前の駅をしました。 合計で12人(患者とそれを支持する人)「肝炎は肝硬変と肝臓癌に進んでいます。 私たちは時間がありません。 」それは上告されました、そして、合計で約250人は署名に応じました。
国は、去年の1月に化学物質C型肝炎犠牲者救援で作物の損害の特措法を通過しましたが、医療機関の閉鎖による病歴などのように記録を立証できない患者が、5月にこのミーティングを形成します。 この署名活動が全国キャンペーンの一部であった、「350万人以上の全体の国の人々で恒久法でBタイプとすべてのC型肝炎患者を救おう、」、そして、肝硬変の治療費と癌が上告した肝臓の負担軽減。
サインされた小倉北区の元看護師(76)「私たちは偶然感染していただけではありません。 国は現状についてそれらをもう少し知らせるべきです。 」それは話しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん患者 苦痛緩和へ様々なケア »
« 乳がん超音波検査