ドキシル、卵巣がん治療でも承認へ 厚労省

ドキシル、卵巣がん治療でも承認へ 厚労省

ドラッグの厚生労働省の化粧品と医療機器分科会が抗ガン剤を作ったと認められた、「(という一般がドキソルビシン塩酸塩) 30日での卵巣癌の治療を命名して、ドラッグのものを承認した化粧品の、そして、医学のDokishiru、器具。 それは4月に正式に承認されます。 しかしながら、次々と、売っています、追跡調査。臨床試験に関するケースデータが少しであるので、すべての管理している患者が義務付けられます。
それは欧米に広く使用されます、そして、それは学術団体の治療指針によって推薦されますが、患者は非承認で日本でも卵巣癌で承認を求めました。 卵巣癌経験人のミーティング「にこやかな」代表の雌鳥kimiho「処理の選択が増加して、私は本当にうれしく思います。 私は、あなたに早く他の非承認の抗ガン剤を使用できて欲しいと思います。 」それは話しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん超音波検査 »
« がんの生徒の受験拒否 長崎日大高「特別対応できない」