がんの生徒の受験拒否 長崎日大高「特別対応できない」

がんの生徒の受験拒否 長崎日大高「特別対応できない」

長崎県の諫早市の私設の長崎日本大学高校(Hidefumi野上の校長)が今年の入学試験で癌にかかる中学学校の3年における、女生徒(15)の試験を拒否したのが理解されます。 パワーが処理、他の受験者以外に部屋での試験が伝染病を予防するよう要求されているときに時弱める抵抗、同じ学校はその人が、「特別な通信ができません」と説明したと言います。学生。
学生は1月20日の一般的な入学試験の前に同じ学校で行われた特別な入学試験の試験を期待します。 それが在籍していた中学の校長は後で間の申請書で13番目を送る野上校長に事情を説明しました。 高校は、14日に「個室が準備されていないので、試験を差し控えて欲しいです。」と県に相談した後の翌日に答えます。 申込み書と検査料が返されたと言われています。 学生は同じ学校の試験をやめました。
野上校長は朝日新聞の適用範囲に立ち向かいます、そして、特別な入学試験の受験者は1700人以上があったと説明します。 「謝った気持ちがありましたが、教室は不十分でした。 1人の受験者のために試験監督を適用した余地がありませんでした。 すべての志望者にチャンスを与えるのが必要であると思われましたが、学校として相当できたどんな信用も、ありませんでした。 」それは説明しました。 さらに「批評があるとまた、思われますが、教育したいと思う人とできる人を選びたいと思います。 それは私立学校でオリジナルです。 」それは話しました。
それが同じ学校、「学校でそれを調べながら、それについて決めて欲しいこと」によって相談されるとき、私立学校に管轄した長崎県の研究gotobunshokaが、答えられたと言われます。 この分割は、「県は学校が試験に関して案内される見地にありません。」と仮定しません。
学生は、結局2つの学校(別のもので個人的で公共の)の試験を受けて、両方を通過しました。 そして、両校と共にそれを調べるとき、学生の要求を受けた、別の部屋は準備されました。 個人的な量: このうち。 「病気は問題の人の責任ではありません。 それが最大を終えることによってして、対応したと思われました。 」それはそれを作ります。
長崎hidaitakaは1458人の学生と、101人の教師です。 長崎の学校の法人の日本大学教育機関は日本大学の付属高校でそれを管理しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ドキシル、卵巣がん治療でも承認へ 厚労省 »
« がんを生きる:/33 学校に行きたい 感動的だった卒業式 /大阪