がんを生きる:/33 学校に行きたい 感動的だった卒業式 /大阪

がんを生きる:/33 学校に行きたい 感動的だった卒業式 /大阪

- それは将来、有効な外観と家族に公開されるでしょう。「谷口友人(yuuto)、あなた、(12歳、その時)= 中で発生している、癌で筋肉のようなボディーが7月(’06フィート)に柔らかい部分を死なせた摂津市 中学の卒業証書は友人でだれのものに達しました。今月、「私は学校へ行きたかったです」は13日の口癖でした。 それは適用されました、そして、特に、「一緒に目盛りを付けたいと思う」学生のものと共にそれを与えました。 (43) 受け取って、「卒業式は動いていました」と言って、表現で喜びをよくかみこなしたのは、Hahatomomareです。

-   -

家族にとって、病気人生に対する戦いは問題の人は言うまでもなく高尚でした。 最大20時間が続く腫瘍(腫瘍)の摘出を作動させた後に、右足の動きがないことでショックを与えた友人は、「この足はスイッチを切られます。」と母親に懇願しました。 小学校の4年における弟(Keiと)の美人(12)は、兄の残り、「また、私は兄と一緒に行く」と共に病院の家から来る直後叫んで、死ぬとき、衰弱しました。
それが経済的に厳しかったときに、友人のまれなkoは最大3つの部品として兼任していました、そして、友人は谷口家で母子家庭で入院しました。 生活保護が一時受けられたと思われました。 それはボディー、心、およびそれのようなまさしくその限界を心配させて、友人さえ子供のために感謝を示した母親のために感謝を示しました、「私は、安全であって、苦痛でした」と言って。 Daigenkaは減少して、まさに家族結合したボディーになって、今日、戦いました。
脳死移植に同意する社会貢献における、関心がある友人の死にかかっている願望に従って、残りは病理学を解剖させました。 「何かを行った表現に解剖し終えた友人の穏やかな顔。」 「(友人のまれなko)。」
-   -

病院の光景は家族が歩いたルートを照らしました。 リハビリテーションのまれなkoで素晴らしい状態で知っている友人は、職を変えて、現在看護助手として病院で働いている間、アシスタント資格の獲得を目的としています。 それが誘発されているので続いて、2番目の(17)が等級付けする高校のAnesatoru**は看護師のものが罰金を課すより高等な学校を調べています、そして、それは子供と家族の入院を支持する職業「チャイルドライフスペシャリスト」生活全般になります。 そして、カタストロフィーで美人の夢はアクティブな「超レスキュー隊のメンバー」です。
「病気になったこのものは、もう後悔されません。 できることであり、したがって、病気が治るとまだ早い病気をしたいと思うので。 」。残念なことに、友人はそうですか?実現であること。 もっとも、(そのように生きている間に書かれた最後の作文に記録されたその人、)? Wanakatta。 それでも、今、生活はカット外観のように個々の家族の未来を深く切り始めます。 【Takashi福田】 =は続きます。
-   -

毎日新聞大阪社会事業団は幼児の癌の征服圧力資金調達を受け入れています。 〒530–8251、(不要である、アドレス) 郵送における毎日新聞大阪社会事業団か振替(00970・9・12891)。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんの生徒の受験拒否 長崎日大高「特別対応できない」 »
« ピロリ菌専門外来を開設/県立がん検診センター