ピロリ菌専門外来を開設/県立がん検診センター

ピロリ菌専門外来を開設/県立がん検診センター

山のAkiraの上に立ってください。そして、香川の県の癌の診察センター、(香川県の高松市の村の東町、**がありません) 4月1日に胃癌と胃潰瘍(かいよう)の原因であると思われたヘリコバクター・ピロリを取り除いて、バクテリアの存在を点検する特別な通院患者を設立します。 一般に、点検も取り外しも全額の自己負荷になるので特定の場合で除かれる現在の医療で広まりませんでした、そして、特別な通院患者がいる、全国的な規模試みのときに、珍しいです。 同じセンターは、利益を圧縮することによって患者負担をできるだけ抑圧することによって相談を促進して、県の胃癌撲滅の住民を目的とします。
同じセンターによると、2人の日本人という1人はヘリコバクター属Pyloriを感染させます。 特に、約80%が、より60歳のときに老いるようになることによって感染していると大いに予想されます。 胃炎と胃潰瘍の原因であると思われて、続くことができるとき、そのうえ、それはあります、また、展開するという危険が上昇する長期のshiがバクテリアへの胃癌を言うtamokin。
除いてください。したがって、いつで胃潰瘍と十二指腸潰瘍、保険アプリケーションにかかるだけであるか、バクテリア処理はもっとも、現在の医療で認められているのが、除菌が胃癌防止に関して有効であるという考えであるということです。 通常、点検だけの処理と除菌は全額の自己負荷です、そして、点検して、扱うとき、医療機関が容易に相談を進めないのが数万の円を必要とするので、現状であると言われています。
水曜日(午後3–4時)、金曜日に特別な通院患者は設立(午後2–4時)です、そして、先の電話予約が必要です。 物は大人に制限されます。 処理は(1)感染の存在を点検します、そして、薬は再び点検(2)陽性がないかどうか(3) ある週に取りの4週間後に点検されます。 手順によると、それはそれを実行します。 かかってください。それぞれが各点検、処理です、そして、6300円が必要です。
約80パーセントは、1回目の薬を飲むので、除菌に成功します、そして、失敗するとき、別の薬は2番目の分割の親戚の処理としてみなされます。 それでも、除菌ができないなら、3番目の除菌を調べます。
同じセンターの安田捧げ物内科の指導官「胃癌の危険は初期段階の除菌で大いに下げられます。 それは、広く通院患者インストールを知って、胃癌撲滅に貢献したがっています。 」それは話します。 予約窓口は同じ中央の<087(881)5100>です。

癌は香川県の健康な福祉総務課に従った県の死の香川住民の原因の先端です。 489人(肺癌は640人である)は、2007年に肺癌の後にこれらの中で胃癌の死亡者数で大いに死んでいます。
ヘリコバクター属Pylori正式名はヘリコバクター・ピロリです。 ベン毛は細菌によって回転させられて、らせん状の形を持っていた、それは動きから命名されました。 それはバクテリア、およびそれの環境で胃液のように強い酸性でライブな状態で酸を中和する酵素を持つことができます。 この酵素が胃粘膜に怒って、胃潰瘍と胃癌、などInに感染経路を引き起こすと思われて、人から人までの経口感染(口から、口の動きで伝える)は大部分です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんを生きる:/33 学校に行きたい 感動的だった卒業式 /大阪 »
« 「ホスピス」など議論 愛楽園将来構想、31日に名護市長へ答申2009年3月29日