「ホスピス」など議論 愛楽園将来構想、31日に名護市長へ答申2009年3月29日

「ホスピス」など議論 愛楽園将来構想、31日に名護市長へ答申2009年3月29日

【名護】**はfusaです。国立療養所沖縄愛の天国の未来にプランに関して話した名護市の4番目の決定部会、(宮城、部会の長さ) 同じ都市の役所では、27日に開催されました。 正しく愛の天国を学んだ啓発活動連続の必要性、部会でさらに対応するのが、「ホスピス区」であったという委員会の意見に関して、インストールは話されました。 決定部会は、今回都市の結末の未来のプランとして島のfukuroyoshiwa市長にそれを報告することが予定されて、これまで31日に関して一緒に話された内容をもたらしています。 ホスピスは地域住民が使用できた例として議論されました。 意見、「ホスピスが、北部分領域のであるローカルで緩和剤の注意を受けたがっていた居住者に必要であったこと」は委員会から外へ出ました。 委員会1の人とカズオ・ヤマウチディレクターは、「来年の近いスケジュールの1つの区と未使用の領域を使用できます。」よう提案しました。
委員会の愛の天国自治の身体の議長がフォーラムに持って行く金木haruは2月、および同様に要求で開きました、「必ず将来続いた啓発活動に取り組んで欲しいです」と言って。 それはそうでした。北部分の高校生が別の委員会のようにフォーラムに参加して、上告されていて、「その領域の参加には、意味が将来、あること」は、評価されています。
添加、議論連続が要求された意見では、相次いで来てください、「未来のプランが決定部会だけではなく、別の組織としても議論された場所を作って欲しいです」と言って。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ピロリ菌専門外来を開設/県立がん検診センター »
« 広島県、がん情報HP開設へ