リボンで小児がん啓発

リボンで小児がん啓発

来月の「チャリティーウォーキング」
幼い癌の我慢強くて経験豊富な人々を支持するチャリティイベント「金のリボン歩いている2009」が、4月29日に東京で日比谷Parkの周りで開かれます。
金のリボンは理解の円と幼い癌へのサポートが膨張する世界への一般的なシンボルです。 法に応じて、幼い癌の患者はPromote Specified Nonprofit Activities人の金のリボンネットワークへ約1万7000人を国内で滑降させます、そして、癌は子供の病気で死ぬ原因の1位です。 最近、金のリボンが掛かるとき、幼い癌の啓発と処理研究などの支援活動をするグループと企業の数は、増加しました。
「金のリボンウォーキング」はそのようなグループなどで協力します。 , そして、3年間東京では開かれていること。 約3000人が参加すると言って、経営委員会に応じて、昨年、「幼い癌に分かるのは深まったことなど」の多くの意見を送りました。
日比谷Parkは今回の午前10時30分に始動されます、そして、それは帝国のパレスと丸の内の周辺などのように約5キロ歩きます。 また、角と幼い癌と経験豊富な人、専門家のトーク、および幼い癌と戦う子供に送られたsenbazuruをやめるパネル展示会などは、完了しています。
先願は締め切り、4月3日です。 また、参加も当日、可能です。 入会手続料に関して、高校生(当日1500円)と就学前児童中学生の1000円の以上の下の500円(800円)空き領域です。
お金が部分的に集まって、バザールであり、基金を調達して、入会手続料は、幼い癌のサポートグループに寄付されて、ヘルス・ケア・システムの維持に当てられて、啓発チラシなどを作っています。Itは金のリボンに接続されます、そして、それは「金と黄色が入る衣服で、参加してください」と実行委員会を訪問します。
詳細である、ホームページ( http://www.gold-ribbon.jp/ )に関して。 問い合せ: 0120・711・951に。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


子宮頸がん予防に新ワクチン、より幅広い効果…感染症研 »
« がん患者団体支援機構:理事長にジャーナリスト・鳥越俊太郎さん