がん患者団体支援機構:理事長にジャーナリスト・鳥越俊太郎さん

がん患者団体支援機構:理事長にジャーナリスト・鳥越俊太郎さん

NPO法人「癌患者グループの支持メカニズム」(世田谷区、東京)は発表されて、そのジャーナリストの鳥越Shuntaro(69)がtawarakizakoの後継者の地位と去年の11月27日に死んだ評論家の元長官ディレクターに就いたということでした。
鳥越さんは05年間大腸癌で手術を受けました。 それは07で肺に転移しました、そして、再び、作動しました。 肝臓への転移は今年の2月に見つけられます、そして、26番目以来それはナイフの下で人の仕事を再開しています。
鳥越さん: インタビューで。 「癌の治療の情報に関して、患者には、それは十分完全ではありません、そして、また、その領域に従って、治療の質も様々です。 医療側と管理などは、要求が我慢強い側から言われて、日本の癌の治療を変えたがっています。 」それは話しました。 癌の情報不足と’05 9月の処理の地域格差と自助患者が国58を全部分類するとき、そのようなものがメンバーであるのにおける問題に対処するので、このメカニズムは確立されます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


リボンで小児がん啓発 »
« 小児がん征圧募金:20万円をパンダハウスに贈呈 /福島