小児がん征圧募金:20万円をパンダハウスに贈呈 /福島

小児がん征圧募金:20万円をパンダハウスに贈呈 /福島

20万円はボランティア団体へのMainichi Newspapers協会会社福島市(ヨシコ・山本代表)の「パンダ家を上げたミーティング」の「幼児の癌の征服圧力資金調達」から提示されました。
難病を保持した子供がいた母が、資金調達を上げました、そして、パンダ家は99で建築されました。 夜の滞在あたり1000円で県の薬の大きい付属病院で処理を受けるのは、子供と家族によって提供されることです。
「パンダ家」でして、haruのヘッドで毎日新聞福島支店の斉藤ブランチを提示した山本代表: 贈呈式。 「管理費用にそれを使用したいと思います。 病気の子供の家族は心身で寄りかかって、将来我が家のように弛緩する負荷のために興奮してスペースを提供したがっています。 」それは話しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん患者団体支援機構:理事長にジャーナリスト・鳥越俊太郎さん »
« 生きる:小児がん征圧キャンペーン 美術家の宮島さん、闘病の子らに勇気の絵