生きる:小児がん征圧キャンペーン 美術家の宮島さん、闘病の子らに勇気の絵

生きる:小児がん征圧キャンペーン 美術家の宮島さん、闘病の子らに勇気の絵

- それは横浜市民病院にそれを寄贈します。病気と闘ってください。子供。気にしてください。救ってください。上昇であること。芸術。人。宮島。太良。得ます。描いてください。塗装であること。生きてください。横浜。市。保土ケ谷。区。横浜。市。市民病院。寄付してください。渡辺。病院。参加してください。贈呈式。してください。

「生きてください」に幼児の癌の征服圧力キャンペーンに同意した宮島さんが、2月1日に同じ都市で開催されたチャリティー・コンサートのイメージの絵として原画を生産しました。 絵の申し出は、昨年続く幅長さ×72.7センチメートルにおける90.9センチメートルの2番目の回と傑作です。 虹、注意、それを道路と比較した鳥、およびそれがセンターで太陽に直面している橋が描かれて、仕事は、望みで満ちて、あふれます。
小児病棟前部のナースステーションは絵で飾り付けをされました。 宮島さんは「病気が必ず絵が見られるという望みをもって回復すると信じられています」です。 「絵は見られました、そして、病院の同じ都市のosutokun芹沢(10)は負傷、「エキサイトしてください」のため微笑んで話されました。」

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


小児がん征圧募金:20万円をパンダハウスに贈呈 /福島 »
« がん闘病中の夏峰千さんがCD制作