男性の割礼、がんの原因となる性感染症も予防=研究

男性の割礼、がんの原因となる性感染症も予防=研究

ロンドンロイターの男性の割礼における25番目が性器ほうしんと癌の原因になるウイルス感染の危険を減少させるのが理解されます。 合衆国とウガンダの調査チームは25番目を発表しました。2つの臨床試験は合計で3000人以上の大人達のために薬の雑誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」で発表されていたこの研究をしました。 それに従って性器ほうしんが異性間の性交Wataruで割礼をしている感染した危険が25%減少して、ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)がある感染した危険が約30%減少したのが理解されたと言われています。
HPVは30万人の女性が毎年世界でたいてい見られた性感染症のため死んだという子宮頸(Kei)癌の原因になります。
これまで、米国国立衛生研究所のアンソニーFauciさんに従って割礼で異性間の性交WataruでHIVの感染リスクを半分減少させるのが、どれであるかにそれがこの研究に資本を提供するのが示されていた結果について研究してください。 しかしながら、割礼をする人の比率は合衆国に縮小します。 「割礼が性器のほうしんとHPVの感染でも有効であったという強力な証拠は新しい研究で示されました。」と、その人は説明しました。

割礼が注意として使用できた可能性はHIVとHPVの感染率がどこで高いかがアフリカなどにおける発展途上国におけるこの研究で示されました。
2007年以降、世界保健機関(WHO)と国連合同エイズ計画(UNAIDS)は、感染リスクが異性の間の性交によるHIV感染が広がった領域で減少して、割礼を推薦できると仮定します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


末期がん余命3カ月から生還…小西博之の「勝利のV」 »
« 著名人色紙展:がん検診を啓発--きょうまで県庁 /福井