損賠訴訟:卵巣がんで死亡は「医療過誤」 病院側、争う姿勢--初弁論 /青森

損賠訴訟:卵巣がんで死亡は「医療過誤」 病院側、争う姿勢--初弁論 /青森

それが想定された、それ、女性の遺族、(37歳、その時)、五所川原では、07における卵巣癌で死んだ市が、手術方法を間違って、黒石市の病院を経営した会社から約7046万円の損害賠償の補償を要求する最初の口頭弁論は25日の青森地方裁判所弘前支店(Takeshi今岡裁判官)でした。 会社はクレーム解雇が要求されて、戦われた姿勢を示した回答書を提出しました。
女性は5月24日に卵巣から腫瘍(腫瘍)を取り除く操作と、’07、および6月2日の病院における陳情に従った葉’を受けます。 しかしながら、卵巣癌で、胃痛などはその後、上告されましたが、約2週間後に死にました、そして、再び、10月10日に作動しました。 遺族側「悪性腫瘍の可能性がありましたが、それは手術方法の選択における誤りをしました。 点検と通路観測を行ったなら、卵巣癌の早期発見は少なくともすることができました。 」それは主張します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


著名人色紙展:がん検診を啓発--きょうまで県庁 /福井 »
« この三〇年、激変したがん医療――生存率二〇%向上はまだ夢か