最新の放射線装置でがん治療、より正確に 半田病院が来月1日から導入

最新の放射線装置でがん治療、より正確に 半田病院が来月1日から導入

はんだの市のはんだ病院は、老朽になる放射線治療装置を取り替えて、4月1日に最新機器を使用し始めます。 最先端の機能は放射線治療の分野にインストールされます、そして、知多半島医療の球で導入するのは、1番目です。
今までのところ治療器と統合されるコンピュータ画像で癌細胞に放射線を照射するとき、焦点は開発写真で確認されましたが、将来、正確な位置を確認できます。 位置が息で移行する肺癌などのためのコンピュータに肺の動きを連れていくことができました、そして、照射は動きに合っていました。します。
これまで、1センチメートルの幅だけによって適用された放射は、5milliの幅の半分でも調整で可能です。 癌細胞、標準電池のサイズに従って、私たちは適切に環境が放射で洗うコネを使用します、そして、それは苦しまされません。 この装置は、合衆国で作られた最新型です。 4億2000万円は年度2008に当初予算考えの更新費用として予想されましたが、購買価格は最近の円高のため約3億7000万円に抑圧されました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


清水國明 ライブで十二指腸がん公表 »
« キャンペーン:がん患者のかつら、私の髪で NPO無料配布へ、看護学生が寄付