キャンペーン:がん患者のかつら、私の髪で NPO無料配布へ、看護学生が寄付

キャンペーン:がん患者のかつら、私の髪で NPO無料配布へ、看護学生が寄付

東京のNPO、「Kyansa-ribonzu、」 (Mamoru福田理事長)は看護学生が25日の癌患者のためにヘアピースに使用される彼女の髪を寄付したというキャンペーンを始めました。 抗ガン剤処理の副作用である脱毛は癌と戦う患者のための気になって仕方がない心配ですが、ヘアピースは医療100,000のためのものですか?Itは数十万円によって高価です。 このNPOに関して、応募者はこの髪から無料で作られたヘアピースを使用します。
彼の髪がさせたカットと呼ぶと対応する看護師を目的とした55人の学生のうちの19人は、この日に1年間の約半分の間、東京での美容院で成長します。 染まって、パーマをかけずに医療のためのヘアピースの材料になる髪に、状態があります。 7–8の髪で1個のヘアピースができると言われています。 美のジャーナリストのヤマザキの貴子(48): キャンペーンを求めることによって乳癌を経験する人で。 「髪がdepilatedされるとき、残っている間、出かけるのがあります。 素晴らしいヘアピースがあれば、また、動作の範囲は広がることができます、そして、それは積極的になります。 」それは話します。 このNPOは4月6日までヘアピースを着る人を募集します。 問い合せ: 事務局(03・3546・6101)に。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


最新の放射線装置でがん治療、より正確に 半田病院が来月1日から導入 »
« アメリカで誕生したがん患者のための美容ワークショップとは