アメリカで誕生したがん患者のための美容ワークショップとは

アメリカで誕生したがん患者のための美容ワークショップとは

それは、指定された組織が、「良く見えてください… 気分が良くなってください。」であるとそこを知るでしょうか?Itは癌患者のために無料で美のワークショップを提供する合衆国からのチャリティーです、そして、就任は1989です。 病気に応じて女性患者が癌によって違反されているのを見た確信している医師が、「表面における変化」で重大で、精神的な損害を受け取るのが、始めであり、処理は、その時合衆国美に関連した企業団体「パーソナルケア製品協議会」の議長に相談するよう提案しました。
始めは化粧のレッスンを患者の1人の相手だけまで提供します。 次に、それは言われています。表面だけではなく、患者の心理にもそれを与えるという明白な効果は驚くべきものでした。 私は、それが「外観利益… 気分が良くなる」基礎に通じたと聞きます。

初めに、「良く見えてください… 気分が良くなってください」はニューヨークとワシントンDCで始まりました。 その後、患者からのエコーは、現在化粧品会社とアウトラインを一致させていて、大いに、そして、よく状態での開発であるレッスンにすべてのアメリカの開発を提供するボランティアによっても与えられます。 18のブランチが世界にある状態で、それは間もなく、スケールまで成長しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


キャンペーン:がん患者のかつら、私の髪で NPO無料配布へ、看護学生が寄付 »
« ダイエットやがん情報、美容院から発信 名大病院と連携