ダイエットやがん情報、美容院から発信 名大病院と連携

ダイエットやがん情報、美容院から発信 名大病院と連携

メタボリック症候群防止と乳癌診察は美容院でお客様の好みに合います。 そのような試みは4月に愛知と大阪で始まります。 美容師に「美と健康のコンシェルジュ」になって、お客様との会話における健康を保存する重要性が、言われます。 1人の用語命の約80人のコンシェルジュがすぐ名古屋大学付属病院(名古屋市の昭和時代の地区)のスタッフをセンターにするアプローチで生まれます、そして、最初に、それは16の美容院で始まります。
女性客が費やすところに、美容院は、それを大いに調節して、固定されています。 名古屋大学病院の講師新市Sugiura(48)がこの敬意に注意を向けて、約1年間美容院で協力方式をマネージャと共に探っている、お客様がhealthDiscussingに関する心配を改良するところで船尾が同様である場所に行ってください、美容師など , そして、それに達したので、ついに、「コンシェルジュ」方法があります。
コンシェルジュはホテルで宿泊客の要求に対応する係の人を示します。 最近、病院とアパート家で手配します、そして、また、患者と居住者の通信へのヒットの例は出て来ました。 コンシェルジュは06年以来の名古屋大学病院の議会に置き去りにされていました。
コンシェルジュは医師と薬剤師からそれを全国を通じて作るNPO法人です、そして、名古屋大学病院のスタッフも加わった「MeDICC(メディック)」(名古屋市)は総数時にコースを受ける美容師にそれを認識します。 コースでは、がんの早期発見、食習慣との関係、および適切なダイエット方法の重要性を含む皮膚が、学習されています。 図と宣伝文句が言われているので、それは商品広告を見る目を支えながら、踊らされません。 会話とアドバイスを求めてお客様と共にうまく利用するのは、目的です。
講師Sugiura「それがある、こと、美容院を訪問するお客様は、メタボリック症候群と乳癌に関して正しく知って、癌のため生活習慣病の防止と死亡率の減少に通じる可能性があります。 医療費は将来、抑圧されるかもしれません。 」それはそれを予想します。
**名古屋市のChikusa区の美容院を経営したtanitakashi(31)が、名古屋大学病院のスタッフが2月に美容師からそれを作ったグループのメンバーと共に保持したコースに参加しました。 それは4月にコンシェルジュによって認識されると予想されます。
**はtaniです。「物理的な状態を調べて、また、入院すると、多くの健康に関する話題が話のなどのような店にあります」。 「知識は、専門家でコースを受けることによって、増加します、そして、また、会話の幅は広がっています。 それが髪の話題であるだけではなく、お客様の健康を助けることができるなら」それは話します。
講師Sugiuraは、いつでもコースをつかんで、要求があればそれが将来協力するコンシェルジュと美容院の人々の数の数を増加させたがっていると仮定するでしょう。 勢いよく流れるような問い合せ: メディック(052・733・5070)に。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


アメリカで誕生したがん患者のための美容ワークショップとは »
« 末期がん悲観自殺、保険金支払い拒否は不当