末期がん悲観自殺、保険金支払い拒否は不当

末期がん悲観自殺、保険金支払い拒否は不当

災害保険の加入者が自殺するとき、保険約款に応じて、一般に、保険は支払われません。 しかしながら、ソウルの中央の地方裁判所は、受け取って、癌が判決を下すということであり、憂うつにかかって、相手として自殺した男性警察官の遺族で保険会社をみなして、訴訟に勝つ、遺族にとっての、死亡支払いにおける支払い満期の合計が24日に保険金が要求された訴訟で要求された原告に関して判決を言い渡しました。

男性は、昨年の始めに癌を伴う彼の人生の6つの残りの何カ月もの診断を受けて、ひどい憂うつ兆候に悩んで、同じ年の6月に自殺しました。 遺族が「病気による死」に保険を要求しましたが、遂行された自殺の保険を支払うことができないように拒否されたので、それはケースを保険会社に持って来ました。

ソウルのA中央の地方裁判所が仮定する、「男性による考えられる、 より多くの自殺、憂うつで、病気と死への因果関係がある、」、保険会社の保険金義務は、免疫に応じてならないことで認識されます。 (約430万円)が勝つ保険60 millionの支払いは3人の遺族まで命令されました。

保険会社の保険金義務免疫は、それがあったという意見が決定がも適用された制限になるのに必要であることを保険詐欺などに示しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ダイエットやがん情報、美容院から発信 名大病院と連携 »
« 清水国明さん、がん公表