飲酒で顔赤くなるアジア人、食道がんのリスク高い=研究

飲酒で顔赤くなるアジア人、食道がんのリスク高い=研究

シカゴロイター・ジャパン-米国における23番目の調査チームは発表しました、そして、多量のアルコールを飲んでいる表面が赤くなったところのアジアの人々が、食道ガンにかかるというリスクが通常23日より高かったという研究結果を発表しました。
研究は、米国国家と、アルコールによる乱用、依存症候群実験室、および久里浜のアルコール中毒センターを実行して、開架の医学雑誌「PLoS薬」で論文を発行しました。
表面は、これほど1/3人の日本人に関して独特の、そして、中国の赤くなっている酵素欠乏症と、韓国人ですが、5年生存率は飲酒で12です。─致命的な食道ガンの31%と攻撃危険が改良されてしまうだろうと言われています。
米国の国家の、そして、アルコールの乱用とチームを率いた依存症候群実験室のフィリップ・ブルックスは、少なくとも5億4000万人にはこの特性があると推定します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


清水国明さん、がん公表 »
« 清水國明さん、がん公表 十二指腸を4月に手術へ