東大病院でがんセミナー 本紙大図解の英語版も一役

東大病院でがんセミナー 本紙大図解の英語版も一役

癌の医療先進国スウェーデンの事実を学んだ国際的なセミナーは、24日の文京区Hongoの東京の大きい医学部付属病院によって開催されました、そして、日本とスウェーデンの癌の専門家は現状を報告しました。お互い。 英語版、「癌の放射線治療、」 最後に東京新聞サンデーバージョンで発表された大きいイラストでは、3月は分配されました、そして、それは人気がありました、「それは分かりやすいです」と言って。

放射線治療はハイテク治療としてわずかな副作用で注意を引き付けますが、スウェーデンの研究者は、「癌患者の50%以上は我が国にそれを受け取りました。」と説明します。 Keiichi中川准教授が報告したこの病院の放射部、「国もそれを促進しています、もっとも、それはまだ日本の25%であった」など

日本語版における説明を担当した中川准教授は、外国人のための大きいイラスト英語のバージョンを監督します。 ユニットが本部をオープンするためにerekutaで会社を作った放射線療法がこの病院のスウェーデンにあります、そして、だれがこの国の他で健康などを担当するかを大きいリテーナマリア・ラーソンへの大きいイラストに示している間、この准教授は装置について説明します。 「スウェーデンのバージョンを作りたいと思います。」と、同相は話していました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


清水國明、ライブで十二指腸がんを告白 »
« 高血圧治療剤「コディオ配合錠MD、同EX」、気管支喘息治療剤「ゾレア皮下注用」、抗悪性腫瘍剤「タシグナカプセル200mg」、加齢黄斑変性症治療剤「ルセンティス硝子体内注射液2・3mg、同0・23mL」 ノバルティスファーマ