歌い続けた舌がんロッカー、バンド仲間らが追悼ライブ…日田

歌い続けた舌がんロッカー、バンド仲間らが追悼ライブ…日田

舌の癌と戦った日田市のSeijiのロック歌手川津の(39)は17日に死にました、そして、22日の同じ都市のナイトクラブ「スカーフェイス」はライブ喪服をしました。 病気人生に対する戦いにおけるローカルのアシストにおけるバンド仲間が生きるときの準備されたライブチャリティーですが、それに不意に悲しまれるでしょう。 悲しまれて、「来たる人々の心に残って、誓約に彼が住んでいたところになったこと」を心配している党と早め過ぎる死。
川津は、22歳のときに東京に行きます。 それは2007年春、およびバンドにおける家に「ヒーター」を返します。それですが、ナイトクラブの周りで活動して、形成されます。 しかしながら、同じ年の10月に舌の癌に伴う文を受け取りました。 抗ガン剤処理は選択されました、そして、病気人生に対する戦いは始まりました、声帯摘出が推薦されましたが、「歌だけを歌いたいと思います」と言って。
そして、単一のCD、「スタイルは切られる」、(歌を書く. . 川津構成) 記録されて、初めて、生産されるのと1000の断片が中の販売されたオールインワン月が3月であるつもりであったならばあります、’08は家で回復し’て。 同じ年の10月に都市でその後、悪化して、ライブな状態は押されました、そして、再入院は押されて、ライブである時までに一時回復しましたが、端が開かれたということでした。
福岡。県。都市。同じ年。11月。ベルト。書いてください。ギタリスト。宍道。生きてください。開いてください。始めてください。固定します。友人。同様に。癌。戦ってください。歌手を強く揺すぶってください。忌野。Seishiro。電話で。speak.Itは忌野によって奨励されます、そして、ファンであった川津は深く感動したと言います。
礼拝する年少者などの6つのバンド、「Za、雄鳥、」 さん/さん 元メンバーの三宅、花のdenhiroyuki、および川津はアコースティック・ギター、写真のブーツなど、および川津の愛用が示されたホールで働きます。 それはRC川津佐久の忌野が属したというセッションとものでは、「スタイルは切られる」という「雨の後の夜空」などを実行した見物人と共にそれに耐えました。 , そして、ホールを完全に埋めました。
Takashi、川津の幼な馴染みが「スカーフェイス」を管理するHiguchi(40)「それは、破天荒と、本物のロッカーでした。 それは中央で戻りながら思うのによる正直と悲しみの気持ちにライブでなるのは可能ではありません。 」それは心から話されました。
神父の誠意(65)「それは、東京からはるばる走って、素晴らしく、ライブでした。 それは一緒にいると楽しい人によって同封されます、そして、私はそれが満足であったと考えます。 」目は潤された解決でした。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん検診受けて 啓発メッセージ展始まる 県庁 »
« 乳がん術後治療研究(N・SAS-BC01)の結果がJCO(米国癌治療学会誌)に掲載