飲酒で顔が赤くなれば食道がん発生率6倍

飲酒で顔が赤くなれば食道がん発生率6倍

食道ガンは表面がすぐに日本酒を飲みながら赤くなるアジア人から来ます、そして、得ることのリスクが病気になるまで高いという研究結果は出て来ました。そのような酵素欠乏が3人という1人であるのにもかかわらずの、酒が酔っぱらっているとき、(中国、韓国、および日本人)が表面が赤くする酵素の欠乏病であるという食道ガン攻撃危険を改良すると言われています。
食道ガンは、5年生存率が12であるにすぎない31%致命的な癌であり、主として50、70代(特に喫煙男性)に多くの食道ガンにかかっています。
実際に、喫煙家の食道ガン発生は非喫煙者や8と比べて高いです–また、10時間も高いです。 世代危険は喫煙で飲むのを楽しんでいる人のために二度上ります。 また、胃食道逆流症などのような食道炎シンドロームは癌の世代危険を改良します。
米国国立アルコール中毒研究所と日本の久里浜のアルコール中毒センターの調査チームによる作られていて、研究結果その「PLoS薬」雑誌によると、少なくとも5億4 1,000人が飲酒に関連するという食道ガン攻撃危険が最近結局のところ発表したということです。
アルコールを代謝するのを助けるアルデヒド・デヒドロゲナーゼ2を発生させるALDH遺伝子の変異を持っている人が、日本酒を飲むなら、調査チームによると、表面はよく赤くなります。 特に、そのような遺伝子の2回の変異を持っていた人が、それが表面が赤くなったので、飲酒を控えるようになったと説明した、とても、心拍数は、終わった飲酒で、食道ガン攻撃危険を加速して、減少させました。
しかしながら、変異、および6–10時間バラに関するいつ、食道ガンの発病が危険にさらすそのような遺伝子の1つしか持っていなかった人が、それをはっきりさせたので、兆候が激しくなかったので、酒は長い間、酔っぱらっているでしょう。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん術後治療研究(N・SAS-BC01)の結果がJCO(米国癌治療学会誌)に掲載 »
« 協和キリン株が7連騰、がん開発品への期待高まる-会社が説明会開催