独自開発製剤併用でがん治療へ 岡山大大学院教授らが臨床研究申請

独自開発製剤併用でがん治療へ 岡山大大学院教授らが臨床研究申請

そして、岡山大学大学院(消化器官と腫瘍(腫瘍)外科)の田中**shou教授の****フジワラ(同じくらい上で同じ)の准教授、この大学病気アカデミーの遺伝子とセル処理センターが、申し込む、薬を使用する遺伝子療法の臨床的な研究のためのこの大学病気アカデミーは、23日に皆殺しにするこの開発だけを癌細胞と放射線治療に大きさのウイルス”Teromeraishin”で一緒にしました; このウイルスで作られた薬の初期段階の実用の目的の目的であり、より効果的な癌の治療法でそれを設立して. それは、国の承認が最終的に消えた3年後に、費やしながら、それを実行します。
安全はteromeraishinのように合衆国の臨床試験によって既に確認されていました、そして、腫瘍の縮小は何人かの患者によって認められました。 建てられるこの大学、マウスへの腫瘍とteromeraishinが使用されているときの3つのコネ6見えなくなるヒト肺癌細胞が、言われている、放射、実験。
..癌効果が臨床的な研究における、頭頸部(keibu)、食道、および肺の悪性腫瘍で患者にとって高いのを実際に確かめること。 Teromeraishinは照射されます、そして、患部が注入された後に、普通の放射線治療に使用される60の総量グレーの放射は6週間照射されます。 Teromeraishinは、先日18日目と32日目に管理された付加です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


競争条件は対等で問題ない=かんぽ生命のがん保険販売-鳩山総務相 »
« 乳がんの作文を募集 「東京マンモグラフィキャンペーン」