【一筆多論】坂口至徳 がん登録の拡大をめざせ

【一筆多論】坂口至徳 がん登録の拡大をめざせ

3人の日本人という1人が癌で死ぬと言われています。 それでも、防止方法によって早期発見で救われた患者の数と処理の開発は増加します、そして、それが続けられている件数は(QOL)が進歩癌のように上げた生活の保存性で生活します。 最新の医療と予防対策は癌にして、その正体が見られるということです。 自治体が効果を調べるためにがん患者を記録する「地方の癌登録」を広げるのが、必要です。
大阪の県の老人病における癌の相談サポートが中心に置くooshimameiのセンターヘッド: 健康では、フォーラムは3月に大阪で開きました。 「医師と患者が、相手(癌)がよく知り合われるかどうかと、どんな処理が何であるかを有効な状態ではっきりさせるのは、重要です。 これに、領域追求における、癌患者の予後を調査して、分かるのが、必要です。 」それは上告されました。
厚生労働省における人口による死亡率によって示されて、癌に関する統計は主としてそうです。 しかしながら、大島が強調するヘッドを中心に置いてください、そして、「1年が理解されないとき、2年間のなどが扱われたポイントから追求されないとき、癌(収縮)、および生存にかかるなら最新の処理がその時どれくらい効果的であるかは評価します、そして、それはデータとして不十分です」。 例えばそれは5年生存率を得てもだけ5年前に処理の結果であるからです。
さらに、すべての癌患者を理解できるなら、精度は科学データとして上ります、そして、誤りは効果への将来有効な治療の進歩と癌の原因の調査のようにがん対策を生むことなどで見つけられません。 実際に、それは既に作られた癌登録の持つのから分かります。欧米と韓国の各国の法による義務。
癌登録は2007年のがん対策販売促進基礎プランにおける日本として3つの強調項目の1つに指定されました。 自治体が、患者が登録方法としての「院内がん登録」の登録票が診断癌治療をした病院と病院にある普及に基づいて住んでいるかどうか理解している「地方の癌登録」などがあります。
「院内がん登録」に関して、地方の癌の診療のためのベースに指定されると、不可欠に入って、システムとして医師側の考慮の上昇で広がる予定です。
他方では、それは35Dofu県の都市に「地方の癌登録」に関しています。

多くの病院の番号があるので、とらえどころのない正確なデータがある事情があります、そして、また、多くの患者が東京の別の県から地方の癌が登録されていない東京に入院しますか? 前述であり、首都で「院内がん登録が広げられて、維持された後に、ステージを踏みながら、地方の癌登録は実行される予定である」ということです。
患者予後を追求して、癌登録の情報の処理を考える生年月日などの不可欠のものの名前と個人情報でなければならないためにそれについて議論しました。 すべての患者の把握が原則による個人情報保護法に関する免責条項であっても癌登録ビジネスについて問い合わせることができます、そして、現在、問題の人の承認が全くありません。
それでも、場合によって改正の基本的な住民基本台帳法を破る可能性もあります。 去年の12月に兵庫県で法令を改訂しました、そして、住民基本台帳ネットワークは癌患者の居場所確認に使用できました。
したがって、国の法による義務への作成は、「癌登録」を全の国に広げるためには近道であるかもしれません。 また、人々の癌に考慮を改良する手段を忘れないでください。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


【一筆多論】坂口至徳 がん登録の拡大をめざせ »
« がん保険、発売へ波乱も-かんぽ生命