<婦人科系がん>大規模病院に患者集中 医師の減少が影響か

<婦人科系がん>大規模病院に患者集中 医師の減少が影響か

また、出生に続いて、婦人科医の減少で婦人科システムの癌を治療できる病院が、減少するのがわかって、患者は大規模な病院の日本産科婦人科学会の調査における大学病院などの一部に集中しました。 この学術団体「また、病院の許容できる量を超えていた集中は、起こり始めました。 出生に続いて、癌の治療(hatan)の失敗は起こるかもしれません。 」危機感は増加していると感じられます。
この社会産婦人科医療申し出システム諮問委員会は、中央を調査して、合計しました。 初診の患者の数は、04年間と07年間子宮頸(Kei)癌、子宮ボディー癌、および卵巣癌の年間患者の数をこの学術団体に示しているのに約270の全国的な病院のデータを使用することによって、比較されました。
一般に多くの患者がいると100人の病院であるかさらにヒロユキ吉川に従った年間の初診の患者とそれを調査した筑波大学の教授で思われます。 25%増加したか、より多くの3年毎の07年の新しい病気の番号が100人以上である病院の中の患者の数は17の病院に達しました。 大学病院のがんセンターとしてそのようで*東海大学1.71時間までに*1.95東京医科大学の大阪の県の領域のベース病院だけのダッタは1.62回大学を調節します。増加率2.02回の最も高い千葉県のがんセンター

関東圏の病院は10の病院を占領します、そして、九州、沖縄3、北海道、東北2、近畿、および中国はそれぞれの1つの病院です。 新しい病気の数で見るとき、1つの病院が、150人の上回っている1年あたり6つの病院で200人を超えていました。
他方では、「(婦人科癌の医療:)崩壊寸前」や宮城、茨城、三重と鹿児島などから「操作待ち時間は延期などにされたことなど」の現在の重大さに懇願した答えが、諮問委員会が管理部門の社会のローカルの部会に実行していた実態調査に相次いで入ります。
吉川教授「癌の治療は止められました、そして、我慢強い集中は3年間これらで医師不足による出生(出生)を止めていた病院の多くを急速に進みました。 医師不足測定は癌の医療の平らなメンテナンスのための差し迫った必要性です。 」それは話します。 【篤Okuno】

【単語】婦人科医の減少

国内の数の医師が近年増加して、それは06年の終わりに厚生労働省における約2.8%のあらゆる27万7927が住ませる04年調査の終わりより増加しました。 しかしながら、主として産婦人科と産婦人科に乗り出す医師の数は1万1783人で04年から約3.1%減少しました。 約12%の婦人科医のかなりの減少は2年間毎と96年間5.6%と特に比較されました。 バックグラウンドが出生、および不規則で、厳しい仕事などに訴訟問題を含んでいると思われます。出生が扱われる施設についても数は93年において4200年以上から約05対2900まで減少しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん告白の英女性タレント、J・グッディさん死去 »
« 子宮頸がんワクチン承認へ 接種年齢、費用負担など課題も