子宮頸がんワクチン承認へ 接種年齢、費用負担など課題も

子宮頸がんワクチン承認へ 接種年齢、費用負担など課題も

それは子宮頸(Kei)癌を予防しました。ワクチン、ドラッグの29日に開かれた厚生労働省薬事・食品衛生審議会の化粧品と医療機器分科会でそれが国であり、約3500人の女性の原因が1年の死であったのが承認されると予想されました。 子宮癌では、ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)は原因です。 感染する前に、ワクチン接種で子宮癌の原因の約70パーセントを占めるHPVの感染予防を予想できます。 それは女性への朗報です、そして、ワクチン接種最初の年の時代と費用のようにsolvedsなどになるように、多くの問題があります。 , また。 (Masako長島)

- 防止できる唯一の癌

1年あたり約50万人は世界で展開します、そして、約27万人は子宮子宮癌で死にました。 乳癌の後の女性の癌としての2番目のいろいろな事。
1年あたり1万人以上が展開して、約3500人が国内で死んだと見積もられています。 20歳?の若年患者の数は、30代にそれが40代の多くですが、最近感染原因である性交の低年齢化などのため30代の後半から増えました。
- 公費における負荷

防止に関する心配が約20%で低いので、診察の受診率はのろいです、そして、測定の遅れはそれが深刻な問題ですが、指摘された子宮子宮癌です。 ワクチンの普及はチェックで劇的に展開する人を保持する可能性を隠します。
しかしながら、費用の問題は普及に関連が深いです。 厚生労働省はその方法を決めていません。1年の中にそれがワクチン接種費用ですが承認されるなら市販されると予想されて。
3回ワクチンにそれを予防注射するのが、必要です。 3かかると言われています–それが全額の自己負荷であることの4万円。
全額公費負荷かヨーロッパや、オーストラリアや、カナダなどの26の国で支援します、そして、筑波大学(女性周産期医研究)のヒロユキ吉川教授に応じてまた、ワクチン接種率が90パーセントに上がる国があります。
吉川教授「子宮子宮癌になって、子供が祝福されている前に、子宮若者を連れて行って、幼い子供を残す女性の数であり、サイコロは増加しました。 それは試金石になります。立替払いの問題はそれが日本が女性と子供を評価するところの国であるかどうかということです。 」それはそれを指摘します。
-

【子宮子宮癌】ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)への感染は癌に原因が子宮の入り口を作ったということです。 HPVに関して、100種類以上は普通のウイルスによって確認されます。 多くの場合、約80パーセントの女性には感染経験があると思われますが、それは免疫によって除かれます。 しかしながら、持続感染は引き起こされるかもしれません、そして、それは子宮癌を引き起こします。 このワクチンは子宮癌の原因の70パーセントを占める2種類のウイルスの感染を防ぎます。
それが言われている、 「防止できない癌しか」、そこ、ワクチンによる予防手段であり、有効性が10–20の年間続くと言います。
すべての少女12歳がそれを予防注射するなら、子宮癌にかかる人は、imanoyoによると、73.1%減少して、自治医大埼玉健康の教授が産婦人科を中心に置くということです。 また、死亡者が73.2%減少すると見積もられています。
- 予防接種法?

それの後に世界の欧米や、オーストラリアや、カナダなどの100以上の国によって使用された子宮頚の癌ワクチンは、2006年6月に合衆国で初めて、承認されます。 今回、2種類の「Ga-dashiru」がある、「Sa-barikkusu、」 承認された見通しのイギリスの製薬会社とグラクソスミスクライン社、米国製薬会社、およびメルク社(承認は適用されている)について。
9のワクチン接種–12歳を中心として多くの国で14歳を始めて、学校と医療機関で予防接種します。 それに有効な、しかし、同等の26歳があるレポートがあった後にも、時代は物です。
小児科と産婦人科などによるワクチン接種は国内で想定されます、そして、調べられて、その日本産科婦人科学会と日本小児科学会などは11について少女を推薦します–組み合わせにおけるワクチン接種目標としての14歳ということです。
しかしながら、青春に面している少女が、女性の成長と健康をきちんと理解している考慮は要求されています。
… 継続は読まれます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


<婦人科系がん>大規模病院に患者集中 医師の減少が影響か »
« 乳がん検査大切さ訴え 仙台でピンクリボンフェス開幕