乳がん検査大切さ訴え 仙台でピンクリボンフェス開幕

乳がん検査大切さ訴え 仙台でピンクリボンフェス開幕

10月の乳癌月に応じて、市民を早期発見の重要性と呼んだ「ピンクのリボンフェスティバル」が、27日を始めました、そして、仙台市の青葉地区で三越仙台支店の正面でオープニングセレモニーをしました。
日本対癌の社交界のなどMizuhaayaから作られた運営委員会が、後援されて、女性専門家のプレーヤー(21)が分類する、「Sendaiga-ruzupuroresuringu、」 都市では、それを言って、開会する宣言が「点検の重要性を多くの人々に言いましょうか?」

およそ.買って出てください。 50人は、ピンクのリボンと1万の組織セットがそんなに扱われると商店街の4つの場所に分割して、バッジのために言いました、そして、手渡していましたが、それは相談を求めました。
フェスティバルの仙台の把持は4番目です。 また、それは毎年、東京と神戸市で開かれます。 10月31日に仙台市を都市の心の部分を5キロと10キロの各コースに行進するために「ピンクのリボン微笑散歩」のスケジュールを保持します。
お客様は、乳癌他に打ち勝つKuniko才能山田とスポーツ放送アナウンサーの次晴Ogiwaraです。 経営委員会は2つのコースの関係者1500人の各人を募集しています。 アプリケーション: 10月21日まで。 どこで接触を作るかは、0570(037)846です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


子宮頸がんワクチン承認へ 接種年齢、費用負担など課題も »
« 生きる:小児がん征圧キャンペーン 福岡・東京でチャリティー公演