ピンクリボンフェスティバル オープニング

ピンクリボンフェスティバル オープニング

広く早期発見と処理の仙台市における27日に始められた乳癌の重要性などを言った「ピンクのリボンフェスティバル。」(朝日新聞などのように、後援されます) 10月にそれは「乳癌月」です。 党は診察受診率などの改良の上告に関係がありました。

同じ都市の青葉地区の三越前仙台であるオープニングセレモニーでは、仙台の生活のナオミシンガーソングライター板橋は伸びやかな歌声を発表します。 sendaiga-ruzupuroresuringuのMizuhaaya(21)は開会する宣言をして、願望を置いて、ピンク色の気球を空に操縦しました、それを言って「多くの人々を早期治療と自らによる発見の重要性と呼ぼう、」

仙台市で中心街で通りのキャンペーンをしました。 「乳癌の早期発見は重要です」と呼んでいる間、都市の役員と仙台白百合女子大学の学生はバッチとパンフレットなどを買物客に分配しました。

乳癌は、1年あたり約4万人の日本人の女性がかかっている病気です。 初期段階にそれを発見するなら、回復するという確率は高いのですが、診察受診率は低いです。 国のインディケータでは、40歳か、より多くの女性が診察を2年に一度受けるべきです。 「女性への独特の癌の診察販売促進企業」は今年、国の支援で実行されます。 診察は物によって無料で転機年令の(40、45、50、55、および60歳)の女性に受けられます。 乳癌に関する診察紙入れ、乳癌、および子宮頸(Kei)癌の診察の自己負担金が自由になるバウチャーが各自治体によって9月の終わりから10月の始まりに送られると言われています。

来月31日に、仙台都市の5キロと10キロの「ピンクのリボン微笑散歩」があります。 また、胸部X線写真を備えていた検診車は**正面ホールの青葉地区のこのスタンド公園にそれを配置します。 散歩関係者は乳癌診察を経験できます。 40歳以上は物です、そして、先願が必要です。

問い合せ: スポーツエントリーにおける「ピンクのリボン微笑散歩事務局」(0120・711・951)に。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


生きる:小児がん征圧キャンペーン 福岡・東京でチャリティー公演 »
« 第81回センバツ:習志野高の帽子、がんの米学生に贈呈--習志野市 /千葉