第81回センバツ:習志野高の帽子、がんの米学生に贈呈--習志野市 /千葉

第81回センバツ:習志野高の帽子、がんの米学生に贈呈--習志野市 /千葉

大学が配置されてもsenbatsuに参加した習志野高校野球クラブの帽子が贈られた習志野市とさん/さん タスカルーサ、姉妹都市の米国アラバマ市の悪性の幼い癌と戦ったクリスチャンのシュミット(19)が、19日に奨励されました。
髪が抗ガン剤、およびローカルのさん/さんで教会に要求された母親の副作用で外れたとき 病気に対する戦いにおけるシュミット、「冬にヘッドを弁護した帽子が欲しいです」、合衆国全体にわたって広げられたサポート運動。
イサム・荒木市長。(yamadadaiでは、3はdaizouへの都市の国際交流クラブの帽子を手渡しました) この日の議長。 約80人の祈りの市民が20日に回復を折り重ねたsenbazuruと共にそれを出すと言われています。
33年ぶりにsenbatsu参加を実行した習志野の高さの野球帽は寄贈されました、そして、「立派に病気を直して欲しいです。」と、荒木市長は話していました。「どのプレーヤーのおよそ年の同じ戦闘のスピリッツで帽子をかぶるかは置かれました。」

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ピンクリボンフェスティバル オープニング »
« がん治療 専門医の養成に課題