がん治療の課題(下) 生活支援 患者ら自身で助け合う

がん治療の課題(下) 生活支援 患者ら自身で助け合う

癌が治療された後に、それは日常生活に戻ります。 しかしながら、QOL(生活の質)を充実させる情報とシステムは不十分です。 患者は就業する、後遺症、補っているツール、および心を好きであることなどの様々な問題に動き始めました。  (鈴木久美子)

「退院したすぐ後に、復職しましたが、それは1週間後に徹夜するでしょう。 私は、週末に出勤せざるを得ませんでした。 」

「癌患者になるように就業して、それが思ったセミナー」で本気で説明された30代の乳癌経験人の女性は、2月に東京で開きました。
オフィスの広告代理店を支持して、カウンセラーも産業医もいません。 抗ガン剤処理の副作用はオフィスで言うことができませんでした、そして、環境と同じ仕事は課されました。
結局、2年間で、退職していました。 「短いシステムと上司は、時にそれが続けられていたのを理解していた」なら、それは後悔されます。

「治療法は進みましたが、社会のシステムも人の考慮もすっかり変わっていません。」 ”

乳癌経験人のnaomisan桜井(42)はセミナーを後援するグループの1とNPO法人「ホーププロジェクト」(東京)理事長として言われています。 定期的に働きに病院に行く処理をする患者は、抗ガン剤と放射線治療を広げていて、増加しますが、それが社会の承認で進まないと言います。
癌患者が社会を返すとき、象徴的な問題就業しています。 31%は人の仕事を変えます、そして、棄却します、自主退職、76%に昨年403人の癌患者男女に実行された調査で答えましたが、そして、11%は人のビジネスをあきらめます、「これまで、働き続けてください」が東京大学のビジネスをあきらめて。 全体の39%は収入が減りました。
生命維持が不可欠であるときに、患者は、システム増進に働き始めます。 昨年末、医療従事者が作るNPO法人「癌のネットの日本」(東京)は、東京の「癌の情報ステーション東京」を設立します。 それが癌を経験する人のためにソーシャルワーカー、医療コース、および美のコースと共にする約20の個々の相談協会などのコースは、患者団体と共に計画されて、実行されます。
NPO法人の河村(42)広見代表、「Sapo-toguru-puorenjitei;、女性への独特の癌では、」 (静岡県の熱海市)それはものと経験する人でコース「チャットルーム」を開きます。「それは重大な問題ですが、子宮癌の後遺症と夫…Nobodyとのセックスの排尿障害はそれを尋ねます。 あなたの調子はどうですか?.’、交換が最も役に立つという情報 」それは話します。
NPO法人、「Kyansa-ribonzu、また、」 (東京)が設立する、「Ribonzuhausu、」 9では、「癌患者の処理を人生に結ぶ情報送出の場所」として全国を通じてひとつずつ入賞します。 それは去年の秋に7の藤田保健衛生大学の栗のサナトリウム(津市)に設立されます、そして、こと三重大学医学部に設立されて、付属病院が4月に夏に川崎都市で(同じくらい上で同じ)であるです。
乳癌が東京の店で治療されていた後に、医療機器レンタルと販売会社「フランスベッドの医療業務」は、人工乳房や操り下着などの2つ以上のメーカーの製品をアレンジしました。 必要性、「試着できた(これまで容易にしたのは、可能ではありません)ポイントは、喜ばせること」がそれに答えられました。

kyansa-ribonzu理事長による聖マリアンナ医科大学(乳腺と内分泌外科)のMamoru福田と教授は患者のapproachsの意味を話します、「全体の社交界のお互いでそれを支持する癌の気にかけることのネットワークは必要な時代です」と言ってことです。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


トレンド:がん対策を成長戦略に »
« 「がんに勝ち、野球でも勝とう」 習志野高の野球帽、闘病の米青年へ