「がんに勝ち、野球でも勝とう」 習志野高の野球帽、闘病の米青年へ

「がんに勝ち、野球でも勝とう」 習志野高の野球帽、闘病の米青年へ

それは大学生とさん/さんによって提示されるでしょう。 33年ぶりに選抜高校野球大会に参加する千葉県の習志野習志野市立高校球団の帽子が癌のため同じ都市の姉妹都市とタスカルーサ、米国アラバマ市の病気人生に対する戦いを費やすクリスチャンのシュミット(19)。 帽子が19日の市役所にある状態で、生徒代表は都市の国際交流クラブの3人のyamadadai議長をゆだねました。
さん/さん シュミットは、癌が見つけられて、去年の秋に処理と聖職者を肺に目的とする研究を続けています。 副作用によるヘッド「反-ピラティス」髪。 母親の帽子申し出を求めるのは習志野市に広げられました、そして、同じ学校は応じました、「癌との戦いを得ました、そして、野球は勝ちました」と言って。

帽子がKoshien初戦の25日の現場に達すると言われている、(彦根、東)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん治療の課題(下) 生活支援 患者ら自身で助け合う »
« ダース・ベイダーの俳優が前立腺がん告白、検査呼びかけ