がん対策 現場の声反映を提案

がん対策 現場の声反映を提案

それが癌患者が24時間のなどのために電話で相談できるコールセンターのインストールの場所に患者や医師などの意見を受け取って、作られている70の項目に上がるがん対策に関する提案の本は厚生労働大臣の舛添によって提出されます、そして、厚生労働省は回の予算にそれを反映するでしょう。
10年以内に癌で20%死んだ人を減少させる測定に関して話した「がん対策販売促進会議」は、19日に関する提案の本のように「がん対策の基本法則」に基づいて厚生労働大臣の舛添による概要によって手渡されました。提案の本に含まれているのは癌患者が24時間と365日間電話相談ができる「コールセンター」のインストールを始めることへの医療費の販売促進の70の項目に上がります、癌の診察を健康保険の物にして、受けやすい診察、および長期の時間などの上に抗ガン剤処理を受けた患者を作って
言わば、必ず適当であるというわけではないことのためのポイントから、現在の国のがん対策におけるこの提案における特徴への医療サイトのニーズは、癌患者と癌の治療に文通した医師などの約300人で「現場の声」を集めることでした。会議の議長として勤める国立がんセンターのkakiso chuuikinahomare社長から提案の本を受け取る大きいリテーナ舛添「癌がきちんと死の多くの日本の原因でこの測定をするかどうかに従って、日本の未来は決められます。 予算による現場の声を反映するのは、重要です。 」記述は回の予算にそれを反映するという考えに示されました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


国境超え「小児がん撲滅を」 宮城県在住外国人が企画 »
« 三原じゅん子、子宮がん全摘出手術