がん治療充実願い寄付 石橋県議の遺族 大牟田市に150万円

がん治療充実願い寄付 石橋県議の遺族 大牟田市に150万円

(62) それが先月死なせていたタモツの石橋のnottokengiノーtsumahirokoは17日に遺族でOmuta市役所を訪問して、150万円を都市に寄付しました、「市の総合病院の癌の治療を機能アップするのにそれを使用して欲しいです」と言って。 感謝されます、そして、礼状がHiroko他に贈られたMichio古河市長 , 「私は有効にそれを使用できます。」と言います。

1600年の県のおよそ石橋は兵士です。65人は2月2日に年令での腎臓癌で死にました、そして、航跡と葬儀を訪問しました。 遺族は、葬儀のお返しの贈り物を5年、および入院のために市の総合病院で癌の病気から提供して、分割させます。飲むこと。 乳母は、貢献を人の心にしながら、言われています。
また、座ったnakayamaarawakoディレクターが、感謝のいくつかの単語を提供した、「私が欲しい、それを高めるために、地方の癌の診療としての機能が2003年にさらに仕様を受け取った病院を基礎づける、」

この他、遺族はNPOなどへの都市の社会厚生福祉会議で努力した合計と障害者福祉で150万円を寄付しました。
「私は、領域の役に立つ願望であった夫の気持ちを尊重しながら、それを寄付できました。」と、Hirokoは話していました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


三原じゅん子、子宮がん全摘出手術 »
« 小児がん征圧募金:毎日新聞大阪社会事業団で贈呈式 /大阪