県内のがん情報サイトで一元化県庁HP相談窓口や患者団体紹介

県内のがん情報サイトで一元化県庁HP相談窓口や患者団体紹介

サイト県の癌の情報を統一した「山梨の癌の情報」=写真=は県庁のホームページ(HP)に新設されました。 場所が全く県の情報がカバーされていて、これまで患者団体などから統一を要求する意見を送ったところにありませんでした。 相談窓口、患者群リスト、および癌に関する出来事と繋がっているWebsitesなどはサイトで発行されます。 県は、「情報量がまだ不十分ですが、民間の協力を受けている間、それを広げたいと思います。」と仮定します。 県は、医療関係者で患者団体と研究委員会の代表を立ち上げて、県の健康な改良部によると、本年度に繰り返して癌の相談サポートと普及の望ましい方法の会議をしました。 「どこに相談したかとき、善良さは理解されなかったかどうか」やまた「県の情報は容易に取得などにされないことなど」の相談窓口の明確化と普及の統一が委員会から要求された多くの意見が出て来ました。 導入する、新しいサイトのどこで、相談窓口として癌のためのベース病院での相談センターの患者団体の接触を診療、NPOグループ、および11にしますか? 癌死亡に関する統計、関連する出来事が一緒に持って来られた癌の診察、および県の情報の内容。 医療機関とサポートグループのような全国的な情報への県の外のリンクなどは発行されます。 それは、適時の未来であるとき、県のニーズの住民に沿って情報を提供するために問題になるでしょう。 この分割「患者と明らかに不安をつかむ家族に正確な情報を伝えたいと思います。 それは県だけの信頼性が高いサイトを向けます。 」それは言います。 アクセス法: トップページが「福祉の健康の部分の健康な改良部」と「山梨の癌の情報」として「組織から探す」県庁HPから。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


小児がん征圧募金:毎日新聞大阪社会事業団で贈呈式 /大阪 »
« がん最新研究、実用化を 神戸で市民向け報告会