IBMと千葉大など、グリッドで小児がん治療薬開発

IBMと千葉大など、グリッドで小児がん治療薬開発

米国IBM、千葉県のがんセンター、および千葉大学は、3月17日にIBMの「国際社会格子」(WCG)を使用して、幼い癌の新たな治療を開発する新しいプロジェクトです。 「スピリッツと戦います。 初期癌のプロジェクト」(小児癌プロジェクトと戦うのを助けます)woが始動されると発表されました。
すなわち、「私を力づけてください。」処理開発を目的とする、種類の幼い癌。 腹と胸の交感神経節と副腎に存在する神経細胞から起こる癌のため、生存率が40%未満に残っていると言われていて、最も回復するのは、簡単ではありません。
プロジェクトボランティアユーザのPCを格子にするWCGに関するコンピューティング資源が使用されています、そして、癌細胞が増殖するのを助けるタンパク質の機能を妨げる新しい候補薬は、約300万の低分子量化合物の組み合わせをシミュレートすることによって、発見されます。
それは、大いにWCGを使用することによってシミュレーションに必要な期間を短くして、2年間でそれを完成する予定であることができるでしょう。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


だいあろ~ぐ:東京彩人記 がんの子供を守る会理事長・垣水孝一さん /東京 »
« 出版:33歳卵巣がんで逝った野澤さん 家族が遺志継ぎ、ブログ出版 /栃木