出版:33歳卵巣がんで逝った野澤さん 家族が遺志継ぎ、ブログ出版 /栃木

出版:33歳卵巣がんで逝った野澤さん 家族が遺志継ぎ、ブログ出版 /栃木

「それが住んでいるところで素晴らしいのは、フェルトです。」 ”
卵巣癌に苦しんで、生活を扱って、真っすぐにされたブログを集めた「Single癌患者の満足な検索の旅行」が、家族によって発行されましたが、一昨年の33の期間のそれからの来るのが死んだ宇都宮市のReikoノザワは書きました。 それ、心配とさん/さん 得続けたノザワが、将来、最後まで、不安で震動している間、望まれます。 抗ガン剤処理で痛み、脱毛、および癌の操作で人工肛門などの多くの出来事に苦しんで(請います)、心配する等身大の女性の姿は描かれます。 「生きることで素晴らしく感じて欲しいです。」と、家族は本を通して話しています。 【Joji Matsutani】

さん/さん そして、ノザワが宇都宮少女の高さを卒業する、: 日本大学経済学部に。 それは東京で仕事にありついている間、資格を得ました、そして、28歳のときに税理士として働き始めました。
31歳のときに肩の激痛によって攻撃されて、腹が苦痛になって、何でも食べるのは不可能になります。 自治医大病院でそれを診断したとき、それが卵巣癌であることが理解されました。 その後、子宮を取り除きます、そして、卵巣を切除します。 腹筋からのサービスを排出する人工肛門患者(ostomate)と尿は操作で(タイルSetsu)を壁で囲みます。
子供は屈辱を与えています。それになって、でした。

<はできた状態で生まれました。思われる。 「それは自分で1ではありません。」 「初めに、相当な衝撃を受け取りましたが、それがブログを通してこの世代の癌患者とostomateと知り合った内部の>」

しかしながら、不安と望みがそれのように混乱している毎日は、その後抗ガン剤、放射線治療などで痛みに苦しみます、そして、それは愛と友情でいらいらしています。 現実は様々な人々と共に交換を通して徐々に受け入れるようになります。 「私の可能性は否定されません、そして、それは満足です。」「生きています」。 ..<実際に感じられます。 それは「望み、勇気、および辛抱」>をそれに突きつけます。

しかしながら、状態は徐々に悪化します。 ブログのアップデートがまた、分解する傾向があるようになって、中で正当になった年が後援する日に死んだ、この大学研究病院の第1診察、一昨年の9月7日。
この本、8月30日までの書くこと、’死亡の直前07は以来以下の4月06日を消す半分の癌1年の間、集められています、年’の間。 さん/さんです。 ノザワが、生きている間に「私は、エネルギッシュになるとき、ブログを集めながら、それを発行したかったです」と話していて、良家は、死にかかっている願望を修理して、夢を実現しました。 サイトにまだブログを残しています。
母とKikuko(62)「娘は、いつも積極的であり、勤勉でした。 あなたが、缶の中に癌患者と本を通した強健な人でさえ同等の、そして、生きている普通の人生を楽しむように感じることができるなら」それは話します。
包含の四六判364ページと1470円は課税されます。 問い合せ(03・5283・3752に電話をする)の長崎の公表。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


IBMと千葉大など、グリッドで小児がん治療薬開発 »
« 千葉県がんセンター、「BOINC」で小児がんの治療薬を探すプロジェクトを開始