千葉県がんセンター、「BOINC」で小児がんの治療薬を探すプロジェクトを開始

千葉県がんセンター、「BOINC」で小児がんの治療薬を探すプロジェクトを開始

..「プロジェクト」 分散コンピューティングに16番目の千葉県のがんセンター実験室と千葉大学で”BOINC”という汎用クライアントソフトウェアを使用することによって幼い癌の治療を発見するためにスピリッツと戦います。 初期癌のプロジェクトは「始められました」。 現在科学調査目的の分散コンピューティングを操作して、構成するグループ「国際社会格子」を通して皆に参加するのは、可能です。
「. 」 . . . 戦いスピリッツ。 初期癌のプロジェクト、「「私を力づける」処理を発見するプロジェクトである、それが幼い癌で容易に回復しない、新しい」 それは、関係する3個のタンパク質を無力化する薬が、多くのパーソナルコンピュータがインターネットを通して接続される状態でスーパーコンピュータレベルで処理能力を実現する分散コンピューティングを使用することによって私を力づけると発見することを目指します。
まずい「国際社会格子」は、このプロジェクトに参加するために登録されます、そして、”BOINC”はインストールされます。 次に、「ヘルプ戦い小児癌」のチェック・ボックスは「国際社会格子」のユーザページの「私のプロジェクト」によってつけられています。 それは”BOINC”対話のプロジェクトの参加で「国際社会格子」を加えるだけでよいです。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


出版:33歳卵巣がんで逝った野澤さん 家族が遺志継ぎ、ブログ出版 /栃木 »
« IBMや千葉県がんセンターなど、WCGを活用した治療薬開発プロジェクトを開始