IBMや千葉県がんセンターなど、WCGを活用した治療薬開発プロジェクトを開始

IBMや千葉県がんセンターなど、WCGを活用した治療薬開発プロジェクトを開始

米国IBM、千葉県のがんセンター、および千葉大学は処理を育むことを目指す、私を力づけるプロジェクトです、すなわち、幼い癌の種類が新しいです。 「スピリッツと戦います。 初期癌のプロジェクト(Fight Childhood Cancer Projectを助けます)」woが始まると発表されました。
IBMがしている国際社会格子(将来、WCG)は、このプロジェクトに使用されます。
それは医療と環境などのように個人と企業が所有しているコンピュータが、アイドリングするときの処理能力の貢献、申し出、および世界各地の解決策を目的とする研究プロジェクトへの操作処理能力のサポートからの作っている「仮想のスーパーコンピュータ」問題によるWCGに影響します。

200以上の国から43万人以上は、今、接続関与しているshiと120万台以上のコンピュータであり、これまで3つのプロジェクト「ゲノム比較」、「癌の撲滅サポート」、および「人間のタンパク質分析」を終わらせて、” AfricanClimate@Home “「筋ジストロフィ処理サポート」の数字の結果2プロジェクトの分析段階に入って、現在6つのプロジェクトの計算を執行している間、WCGに言います。
幼い癌は、悪性腫瘍が事故の後に一般に、15歳の子供、および神経より少ない私で日本の子供の死の原因のその2位を発生させたのを示して、特に神経細胞から起こる癌が、容易に最も回復しないということです、そして、患者の生存率と呼ばれているのが、40%未満であるということになってください。
このプロジェクトでは、薬の候補になる化合物を発見する実験シミュレーションに固執させる何年も、WCGを使用することによって短くされて、2年後にそれを完成する予定であると言われています。 遺伝子を進めた局の千葉県のがんセンターの調査担当重役の中川の軍医の章が神経に私について研究するのが長い間、用途WCG、およびそれを導きます。具体的に、研究が組になる、私を力づける処理の開発における目的は新しいです。 新しい候補が投薬すると言われている、機能が3に妨げられて、(TrkB受容体、ALK受容体、および癌細胞が増殖するのを助けるタンパク分子である下流分子SCxx信号)が約300万の低分子量化合物との組み合わせをシミュレートすることによって発見されるということであるかもしれないことは、構造キャラクタと共に正しくて、化学的です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


千葉県がんセンター、「BOINC」で小児がんの治療薬を探すプロジェクトを開始 »
« 夜勤で乳がんにかかった女性に補償金支給 デンマーク