花房秀三郎さん死去 がん遺伝子研究権威 文化勲章受章

花房秀三郎さん死去 がん遺伝子研究権威 文化勲章受章

がん遺伝子研究の大家で文化勲章。朝日。尊重します。in the background of米ロ。大名。光栄に思います。教授。肝不全。die.Itは79歳でした。 親類だけが遺産で故人頃の航跡と葬儀をつかみます。兵庫県の西宮市の出生。 大阪のOri教授陣を卒業した後に、それは、大阪の大きい微生物病気実験室のアシスタントの時代に合衆国に達します、そして、73年からの大きい教授ロックフェラーです。 それは98で家に帰りました、そして、大阪府吹田市への産業政府がアカデミックな協力の研究設備大阪バイオサイエンス研究所のヘッドなどとして、機能しました。
がん遺伝子の新しいアイデアは鶏肉の癌のウイルスの研究から深く切られました。 それは癌が鶏肉の細胞にがん遺伝子をもたらすその原因を鶏肉とウイルスに持って入ります。 このがん遺伝子によく似ていた遺伝子が、元々、セルの中で実験で立証されて、癌が引き起こされたウイルスがひっくり返されたという実際に過去の一般的な感覚。 男性を含んでいて、発生するメカニズム癌の明確化はこの結果から進みました。
ラスカー賞が受賞された日本人は、初めて、合衆国の賞を82で最も高い医学界にしました。 年度1983に朝日賞と95で文化勲章を受け取りました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん遺伝子研究第一人者の花房秀三郎さんが死去 »
« がん遺児に勇気を 郡山でチャリティー演奏会